フリーランスの学校

音声配信を始める方法 しゅうへい氏の話まとめ

マイク

Voicy他、音声配信が今話題になっています。
音声配信の第一人者のひとりでもあるしゅうへい氏がVoicyの1年後の自分を楽にするラジオで「全SNS初心者が音声配信をやるべき理由」と題して音声配信を強くすすめています。

<講座メモ>
超簡単なメモです。

・SNSやっている人も意外と音声やっていない。
・なんでやらないのか?
・トークスキルがあると稼ぎやすくなる
・講座を発注する時にトークスキルがないとフリーランスとして発注しにくい
・ラインティングも大事、ブログ書いていくとトークスキルも鍛えられる
・話すスキルはハードルは高い。ただ、努力でうまくなる。
・音声配信はスマホひとつでできる
・講座もつくれる
・いずれステージ上がることがくる。話下手だと仕事できないと思われる。
・まずは、スタンドFMなどで10分ぐらい練習してみる
・最初は無理だけど話せるようになる。
・稼ぎやすくなる

要は、音声配信今すぐやりましょう!という事

0から音声配信を始める方法

これから、Voicyや、stand.fm (スタンドエフエム) 、Apple Podcasts(アップルポッドキャスト)などで音声配信をしてみたいとう方にかなり参考になる音声講義です。

講義内容を簡単にまとめました。しゅうへい氏の音声講義のご参考に。

この講義では、音声コンテンツを何からはじめるか、どのプラットフォームがいいかなど3ステップで紹介しています。

<3ステップ>
プラットフォームを選ぶ
配信機材を決める
配信する

ブログとかYouTubeと比べてものすごく簡単
スマホでとるだけ。こんなに簡単でいいのかって感じ。

音声配信をはじめるべき理由

ひとことでいうと海外ユーチューバーが続々と参入。
ポッドキャスト

日本の音声配信のプラットフォーム
ボイシーアップルポッドキャストスタンドエフエムスポティファイ
ヒマラヤ、中国系アプリ、レックラジコ

※番組の中で、しゅうへい氏はラジコ聴いていないのでよく分からないと言っていますが、これはAMラジオ局、FMラジオ局の地上波のラジオ番組をラジコアプリで聞けるサービスで一般の方は参入できません。

音声配信はインターネットラジオというジャンル。

ラジオパーソナリティ関係なく、インフルエンサー、一般人が普通にできる。

しゅうへい氏は、多重債務者の自分でもやっていると。

友達、いとこ、おかあさん、セレブ、有名人、ヒュージャックマン、
本田圭佑ナウボイス、様々な人がやって音声って面白いと分かっている。

イケハヤがいうけど、海外の事例を見ていれば次に日本に何が入ってくるかが分かる。
動きを見ていれば分かる、まさにタイムマシン経営。
ブログブーム、YouTubeブーム、ビジネス系ユーチューバーブームも
アメリカから少し遅れて入ってくる。

で、今アメリカで何が流行っているかというと2018年から2019年ポッドキャストが
めちゃくちゃ流行りはじめた。爆発的にリスナー数、ユーザー数が増えた。
1日に聞く人が何千万人と増えてきた。中国ではひとつの音声配信アプリが
6億ダウンロード。
日本人がひとりあたり5回ぐらいダウンロードしなくちゃいけないぐらい。
ヒマラヤというプラットフォームだったりする。

音声配信が流行っている背景は。
稼ぎやすい、配信しやすい、続けやすい。

稼ぎやすい
海外ユーチューバーの事例は10倍ぐらい単価がいいことが判明。
すごい。
ユーチューブだと100万回再生する収益が音声の方が10倍いい。
だったら、ポッドキャストだったら、10万回再生でユーチューブの収益になる。

YouTubeで20万、30万欲しかったら100万再生飛ばさなくちゃいけない。
その為には編集しなくちゃいけない、企画しなくちゃいけない、
一杯編集して自分の時間がなくなっています。

もういろんな機材を使ってつらい。みたいなところから
音声配信のアプリとかマイクとか使って音声とって
無編集ポン出す。これで、普通にYouTubeの100万回再生分のお金が入ってくる人が
普通にいる。

音声の方が楽じゃん。YouTubeって動画でしょ、めちゃくちゃ情報量が多い。
いいものをやればユーザーが喜ぶのではなく、ユーザーが音声だから聞きやすい、
ながら時間で聞きやすい、配信者も話すだけだから流しやすい。

ユーザーとの距離も近くなりやすい。しかも単価がいい。
まさにそういう事がおこっている。まさに、穴場という穴場。

ユーザー数がYouTube市場より増えるかどうかはこれは疑問。分からない。
たぶんないと思う。ポッドキャストの方が少ない。

でも稼げないかというとそんなことはない。
1回仕事にしてしまえば楽。更新が。ユーザーついちゃったら勝ちっていうこともある。

海外ユーチューバーが続々入ってくるということがある

ながら視聴ができる。ポっけにスマホ入れて歩きながら、家事、農作業、
草刈り、ランニング、散歩、ドライブ中。

時間在庫の考え方。YouTubeは画面見ておかないといけない。
ユーチューバーが1日3本更新しても時間がないと見れない。
音声配信、1日3回配信しても3回とも聞いてくれる人がいる。
過去の放送も聞いてくれる。
耳はひま。情報量も多い。すっと入ってくる。聞く時間はある。

今のうちにやらないといけない。
2023年、2025年に波が来た時には遅い。
ただ、今入っても稼げない。全然稼げない。
1年2年続けているとその先は変わるかもしれない。
稼げなくてもファンがつく、自分の講演会や商品にいいかもしれない。
別にそれしなくても自分の関係構築、楽しいからやっているでもいい。
基本的にさくっと稼げることはない。

過去お金になっていなかった。

まだまだ伸びる要素がある。

音声配信を始める方法【3ステップで解説】

具体的に3ステップ

音声配信プラットフォームを決める

マイク
動画は普通YouTube。プラットフォームが分かれ過ぎ。
アメリカも中国もおなじ。
アップルポッドキャストからはじまり、別のプラットフォームに
同じものを出してもいい。
YouTubeとボイシーの連動。
ボイシーはデータ量が少ない。ながら聞ける。
さくっと聞ける。

おススメは、ボイシー、審査制。通過率は1% たぶん落ちるよ。

申請しながら、他のプラットフォームでやる。

アンカーから、マルチ配信ができる。アップルポッドキャスト、スポティファイ他
アンカーからアップロード。

ラジオトークというものある。タグとかでつながる。マルチ配信可能。
アップルポッドキャスト、スポティファイ可能。

配信機材との相性もある。

おススメは、スマホでヒマラヤ、スタンドエフエムでやっておく。
わりかしアクティブ。
スタンドエフエム、ライブ配信もあって初心者向け。

スタンドFM、iphoneで取りながら、MacBooKプロで録音して、
データをアンカーに入れると、アップルポッドキャストやスポティファイにいける。
ヒマラヤはアンカーからいけないので、データをアップ。

ボイシーとか、スタンドエフエムはあとからアップロードができない。
データをアップロードいう機能はない。

スマホでとるしかない。

スタンドエフエムはスマホでとる。
アップルポッドキャストやスポティファイ、ヒマラヤは音声のアップロードで対応する。

っていう事がいい。

慣れないとイメージが分からない。
やっていくと分かる。
一日ボイシー 1000人、ヒマラヤ 50人、アップルポッドキャスト10人ぐらい
伸びるかもしれない。
アップルポッドキャストはレビューが増えるか、YouTubeチャンネルでPR
自分の得意なプラットフォームからアップルポッドキャストに飛ばす
海外ユーチューバーが多い。
これ結構いいやり方。

一番大事なのは、どのプラットフォームが伸びるか落ちるか分からない。
だから複数で配信するのがいい。

音声配信機材について

スマホで全然OK。コンデンサマイクは不要。

iphone11プロとかめちゃくちゃマイクいい。
マックブックプロ16インチのマイクがめちゃくちゃ良くなっている。
しゅうへい氏の音声、ヒマラヤ、アップルポッドキャストで聞いている方は、
Macbook Pro16インチのマイクの音声。スタジオマイク的に良くなっている。

ミキサーは高い。マイクにミキサーいるとは分からないでしょ?

おすすめしない。10万円ぐらいかけた。勉強にもなるし。
責任感2%、98%好奇心。

外部マイクこだわらなくていいけど、こだわりたくなる。
海外のポッドキャスターやユーチューバーが使っているマイク
ブルーイエティー アマゾン、欠品が多い。

ミキサーがいらない。

ライトニングケーブルはいる。ミニUSB、通常のUSBがアウト。

買っただけで使える。指向性。
オーディオテクニカ 単一指向性。

みんな声をとるには無指向性。

又指向性。

ブルーイエティーはこの3つが切り替えができる。
ミュートもできる。
一発できるので便利。

海外のポットキャスターがいいと言っている。

アマゾンで2万円ぐらい。

基本的にはスマホでいいよ。外部マイク。

カッコいいんだけど、慣れないと大変。
雑音に気を付けること。お手持ちの機材。コンデンサマイク

3つのマイクを聞き比べることができる。

音声配信のやり方

スタンドFM

https://stand.fm/

今日すぐできる。スタンドエフエムでスマホですぐできる。
何を話せばいいの?どんなジャンルはすべきか?
ブログやYouTubeと同じ。
特に決まりはない。音声はなんでもコンテンツになる。

リスナーを増やすには、TwitterやYouTubeを伸ばすとの同じ。
より分かりやすく。聞きやすく。配信。
ポジションをとる。YouTubeだと動画配信のプロとか編集方法を教えるみたい特化する。
特化しなくても許される文化。

何か行動できるもの。なんでもいい。

イケハヤさん、はーちゅーさん当初ビジネスが好きだったかプライベートでも聞きたくなる。誰かの日記をのぞき見している感覚。
あなたの声とか配信が、誰かの毎日のガソリンになることを目標に考える。
そうするとブレない。

海外はモチベーター多い。君は最高だ!なんでもできる!
ワイルドスピードのロック様みたいな言葉。バカにされたけど、俳優になれた。
バカにされたかけど頑張ろう。

ずぶな素人が音声配信する方法。

地理、お金のチャンネル。

教えたくないけど、ヒマラヤ、幸あれこ。
かわいいだけでなく話の内容が勉強になる。
オチのつけかたがうまい。
(※この当時50人)

これ大事な感覚。最初からのフォロワーは一成長をみせていく。

注意点。雑音に気を付ける。風邪切り音に中止。
フードをつけるべし、

雑音もコンテンツになる。

クアラルンプールのBGMがコンテンツになった。

波音入れたりする。焚火、ぱちぱち音でやった事がある。

愛される雑音を入れることも大事。

まずは、何を話していいか分からない。
情報を整理する。
3ステップみたいな感じ。

情報を整理すると人間は聞いてくれる。
あちこちいくと記憶に残らない。

ここまで30分 台本なし。

いままで話してきた事。ほぼ台本なしでしゃべっている。
メモ書いている。どんな話を聞きたいかどんな悩みがあるか考えて話す。
話していくしかない。
どこからでも収録できる。
女性も化粧がいならない。髪ぼさぼさでもいい。
リスナーと近くなる。
パーソナリティもリスナーも忙しい。でも、空き時間で双方にいい。
ボイシーは2年間毎日できるのは楽しいから。
話を予想するのもいい。
すらすら話す方法も聞いて。

かんでも大丈夫。
話が上手いか下手かは情景が浮かんでいるか
道案内が上手な人は話がうまい。見えている。

情景を浮かべて見てるものを話す。

文字を読むのではない。

見てるものを話せばかまない。

文字を読むとカム。

言葉ってイメージを話。

良かったらTwitterとかSNSに。

ブログ更新は大変だけど、音声はらく。

音声配信を始めるべきなのか?

しゅうへい氏のラジオ聴きましたか?
あなたはどう思いました?

頭の中に残っているのは、

・アメリカの有名YouTuberは音声配信に流れている
・アメリカで流行ったものは日本に遅れてくる
・今は儲からないけど、やっておいて方がいい
・すぐできる。簡単にできる。

という事で、はじめてみるのが正解だと思う。

やってみよう!