定年とは

定年後のために

こんにちは。
60歳の定年まであと5年の成之助です。
これまで定年なんて他人ごとと思っていましたが、
55歳になったので、なんとなく真剣に定年後の事を
考えるようになりました。
自分自身の為と、今後定年を迎える方にお役に立つ
情報を色々紹介して行こうと思います。

そもそも定年とは?

当たり前のように「定年」という言葉を使っていますが、
そもそも定年の定義は何でしょうか?

一般的に定年とは
労働者が一定の年齢に達したことを退職の理由とする制度の事です。

定年年齢の決まりがあるのをご存知でしたか?
高年齢者等の雇用の安定等に関する法律(昭和46年法律第68号)第8条)で
労働者の定年を定める場合は、定年年齢は60歳を下回ることはできないんです。
だから、少なくとも私も60歳までは雇用される訳です。

これに加えてさらに、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第9条で、
事業主には65歳までの高年齢者雇用確保措置が義務付けられています。

この65歳までの再雇用が現役世代にとっては大きな問題です。
私の職場もそうですが、多くの業界でも問題となっているのが、
雇用延長者は、現役世代から見ると元上司や先輩。
その人たちが、今度は賃金が下がって、自分の部下というか
組織のスタッフになる訳ですからほんと業務がやりにくいです。

私は現在、管理職ですが、現在の業務で一番気を遣うのが
雇用延長社員の扱い方です。

元々人生の先輩でもありますし、元上司だった方の場合もあります。
それが、60歳を機に急に、役職をはく奪され、賃金も大幅ダウンになって
仕事をするわけですから、お互いやりにくいですよね。

私も5年後にそういう立場になることを考えると
雇用延長はせずに、60歳の定年ですぱっと退職して
元部下に気を遣わずに、日々HAPPYに過ごすために
あと5年間色々自分自身のスキルアップをして行こうと
現在色々学んでいます。

また、年金や貯蓄など金額面でも色々知っておかないと
豊かな老後は過ごせないのでこちらも学ぼうと思っています。